ペニス 入れる 気持ち良い

ペニス〇〇センチ以上ないと入れても気持ちよくない!?

男は自分のペニスに対して「長さ」や「太さ」を求めます。
しかし、女性は「長さ」に関してあまり気にしてない、というのは有名な話です。
実際私も「おちんちんは長いよりも太い方がいいよ、ってか硬さが一番重要!」って言われたこともあります。
実際のところどうなんでしょうか?

 

 

科学的に見ればペニスのサイズは8cmあれば十分!

え!8cm!と驚かれたでしょうか。
ペニスは大きければ大きい方が良い、と男は考えがちですよね。
でも女性を悦ばせるために必要なペニスのサイズは8cmで十分なんです。
何でか?
それは女性のGスポットが関係します。

 

女性の膣(ヴァギナ)の入り口から約5cm、お腹側のところにGスポットは存在します。
中指を入れて折り曲げた時にザラザラするポイントがあると思います。
ここがGスポットです。
Gスポットは人によって快感を感じる度合いが違います。
ひとりエッチなどで自分の体が開発された女性は感じやすくなっているようです。

 

 

◆8cmあれば十分届く「ポルチオ性感帯」

ポルチオとは膣(ヴァギナ)の一番奥に存在する性感帯です。
このポイントは別名「本能のスイッチ」と呼ばれており、ここを刺激されると「アナタの子供欲しい!」とか連続オーガズムが体験できるとか、失神までする女性もいるそうです。
このポルチオまでの長さが大体8cmと言われています。
ゆえに!ペニスのサイズは8cmあれば十分なのです。

 

 

◆8cmなくてもポルチオを刺激する方法
ペニスが本当に短小でポルチオを刺激するなんて無理!と嘆いている方に朗報です。
ポルチオやGスポットはペニスのサイズに関係なく刺激できます。
重要なのは体位です。
ポルチオを刺激する時に有効なのが「屈曲位」「バック」「騎乗位」です。
屈曲位とは正常位の状態で、女性の足が男の肩にかかる体位のこと。
こうすることでポルチオやGスポットにペニスが当たりやすくなるのです。

 

 

◆ポルチオやGスポットよりもCスポットが肝心!

ポルチオやGスポットは感じやすさが人それぞれです。
このスポットを感じやすくさせるには、Hの時に毎回、ポルチオやGスポットを刺激して、女性の体を感じやすい体質に変えていく必要があります。
しかし、Cスポットは誰でもエクスタシーを感じるポイントです。
Cスポットとはクリトリスのこと。
膣(ヴァギナ)の上側に小さな玉のようなものがありますね。
これがクリトリスです。
クリトリスはひとりエッチなどで開発されてない女性でも誰でも感じることができるスポットで、最も膣内を濡らしてくれます。
ポルチオやGスポットの刺激も重要なのですが、まずはCスポットを十分に刺激して上げて下さい。
そのあとにGスポット、ポルチオと刺激して、最終的に挿入。
挿入時には「騎乗位」→「バック」→「屈曲位」を必ず行うこと。
これで女性がオーガズムに達することができるのです。

 

ペニス〇〇センチ以上ないと入れても気持ちよくない!?関連ページ

彼女の本音、ペニスが小さい彼氏をもった女性の赤裸々告白
「彼氏のチンコが小さくってさー」なんて会話、女子会やってる居酒屋から聞こえてきそうですね。実際にどんなことを思ってるんでしょう。ペニスの小さい彼氏をもった女達の赤裸々本音トークをどうぞ。